忍者ブログ
SundayTouring.com



≪≪  123  122  120  118  117  116  115  114  113  112  111  ≫≫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 天気は快晴・・・でも強風
高萩IC
今日はもてぎのダートトラックスクールに参加する予定でしたが、コースコンディション不良のため中止との連絡がありました。で、予定が空いてしまったのでツーリングに変更。今回もSさんとの足手まといツーです。(というか、XR230と隼は別次元の乗り物かもです。)
どこに行くか決めないでとりあえず常磐道の守谷SAに8:30集合。
その場で花貫渓谷に決定。

風・・・強すぎです。高速走行中に横風で流されまくりorz。心が折れそうになりました。
隼でもかなり厳しかったみたいです。XRは軽いですからもろにやられます。
でもなんとか高萩ICに到着しました。下道はどうなんだろ?・・・
下道も風は強いですが、高速上に比べればなんのその。
花貫ダム・花貫渓谷に到着です。
花貫ダム
うんダムですね。

花貫ダム
新緑の季節であれば爽やかに、紅葉の季節なら感動的になれそうな場所です。

とりあえず大子・袋田方面に向けて進みます。
Sさん何やってるんですかwww これもきっと強風の影響ですね。
花貫渓谷
先へ進みます。

R461
途中給油も済ませ、だいぶ進んで来ました。太田第二高を過ぎた辺りから道幅がグッと狭くなります。
ここから先はSさんと一旦別行動を取ることにしました。
Sさんは西金砂湯けむりの郷(金砂の湯)でまったり・ゆったり・温まるコース。
Noryはというと、Sさんが温泉で温まっている間に林道で温まるコースです。
寒いので2人ともあったかくなって良い感じ・・・(ホントか?)
向かった林道は、細崎入林道舟生沢林道の2本です。(別レポで書きます。)
Sさんもお気をつけてー。

という事で、1本目の細崎入林道を走り終え、金砂の湯に隼が止まっている事を確認。2本目へ出発。
舟生沢林道を走り終えてからまた金砂の湯に戻ってきました。
Sさんはお風呂もあがってマッタリしてました。動きたくなさそうw
金砂の湯
とても立派なつくりですね。人も結構入っている様子。
金砂の湯ご案内

西金砂湯けむりの郷
きれいなお庭です。

金砂庵
そういえばこの辺り一帯に「そばの里」とか、「そば街道」なんて宣伝が目立ちました。
そのうたい文句に乗っかって食べていく事に。ろくに食事も摂らずに走っていたのでおなかもペコペコ。
注文したのは天ぷらそば(800yen)
そばの出汁ツユにちょっとびっくり。いつも食べている出汁ツユのような甘味がほとんどありません。
スッキリしているというか尖っているというか・・・味音痴の自分にはうまく表現できないなぁ。
気になる方は一度お立ち寄りください。

Nory
Sさんに撮ってもらいました。ボードのウェアって暖かいんですよね。
もちろんプロテクター類は胸部も含めて着用してます。リュックには工具・携行管・パンク修理剤など・・・。
おなかも満足し、出発です。今回入浴はしませんでしたが、また機会があれば入ってみたいです。

久慈川沿いにR118を南下します。
まだ時間にも余裕があるので、下道で帰ろう計画を立ててます。(強風が怖い)
R118
もう少しのどかな風景を思い浮かべていたのですが、R118沿いは街並みが続いていました。
途中で城里町、笠間市方面へ進路を変更します。こちらは思い描いていた通りの風景。


下道で頑張りましたが、笠間市に入って道が良くわからなくなりました。
結局、案内板に従って進み、常磐道岩間ICから乗って帰ることに。
多少風は強めでしたが、午前中と比べれば問題なし。
守谷IC
守谷SAで解散です。17時を過ぎてもこんなに明るい・・・日が長くなりましたね。
北茨城・高萩周辺てほんと面白いですね。オンもオフも、ツーリングコースにはうってつけかもしれません。
Sさんお疲れ様でした。

細崎入林道へつづく・・・

PR


Advertise

ツーリング 地図 GPS キャンプ XR230 [PR]
忍者ブログ

Twitter
Facebook
サイト内検索

Copyright © SundayTouring.com : 2007-2012 All rights reserved.