忍者ブログ
SundayTouring.com



≪≪  275  274  273  272  271  270  269  268  267  266  265  ≫≫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2013年3月に軽バン、ハイゼットカーゴのトランポを購入して
約9か月ですが、感じたことを書いてみたいと思います。



まず最初に一番言いたいことを書きます。

ハイエースクラスを買う余裕のある人は、是非大きいのを買ってくださいw
JNCCとかレース参戦計画のある人も余裕があれば是非大きいのを買ってくださいw

小さいのは積み込みとか以外と面倒くさいです。時間もかかります。

でも自分みたいなファンライダーで
金銭面に余裕を持たせたい、車内での寝泊りとかあんまり考えてない。
多少面倒くさくても乗せられればいいって人には良いかもしれません。

では続きをどうぞ。

軽トランポを買った当初の記事はこちらです。
まずはご一読を。
2013年3月25日軽バン、ハイゼットカーゴ購入

結論を言えば、買って正解でした。

自分の環境として、第一に
他にも車を所有しているのでできるだけ安く済ませたいってのがあり、
トランポに100万オーバーとか無理だなー
車検も10何万とかかかるしなー
って感じでした。

そんな中いろいろみていたら、
このH17年式ハイゼットカーゴ、30万円程度。
なんとか予算内で行けるって思って購入。
走行距離も10万キロを
超えていましたが、不具合なく走る。


フルサイズのオフ車でもこんな感じでちゃんと積めます。
左側には結構スペースがあって、寝ようと思えば寝れるかもしれません。
自分はまだ車中泊はしたことがありませんが。

自分がトランポを買って良かったなと思うのは以下の理由です。
*自走の時と比較して

①雨、風に当たらない。
自走の時は天気をみてあきらめることも多かったのですが、
ちょっと位天気悪くても練習に行く事が多くなりました。
どろどろになっても着替えて何事もなかったように帰れます。
汚い格好でコンビニとか食事に行く事もなくなりました。(笑)
ブーツとか泥汚れひどいと、お店に入るのもためらいますよね。

②荷物の搬送力の違い。
工具類一式、ガソリン、着替え、プロテクター、手洗い用の水、ガスコンロ、食品類、
替えのタイヤ
などなど
自走時とは比較にならないくらい、持参品の恩恵に与ることができる。

③体力の消耗・怪我。
雨風にあたったり、暑さや寒さをしのぐことはもちろん、
目的地に行ったり、帰ってくるだけでも自走だと結構な疲労感がありましたが、
その疲れも軽減できます。
自分はヘッポコライダーなのでコース上でよく転倒します。
トランポ買ってからは大怪我こそないけれど、あちこち痛くなったりするので
オートマのトランポには随分と助けられているように思えます。

④バイク車両の保管場所として。
前述してますが、雨風、砂埃を防ぐことができるので、サビや汚れ防止にも
なります。いたずらも少しは防げるかなー?


良いことばかり書いていても語弊があると思うので、悪い点も書いてみよう。

①維持費について。
軽バンとはいえ、保険、税金、車検、駐車場代と費用が掛かりますね。
ただ、ハイエースなどと比べれば格段に安いと思います。
ちなみに車検は5万円程度でした。

②積み込みが面倒くさい。
軽バンにフルサイズのオフ車を積もうと思ったら、
以下の2点の方法がメジャーだと思います。
フロントサスペンションをタイダウンベルトで縮めて車高を下げる。
フロントタイヤを外し、ネコタイヤを履かせる。

自分はタイヤを外すのが面倒くさいのと、
タイヤを外すと積み込み途中で失敗したときにフロントブレーキが操作できずに、
相当危うくなるんじゃないかと思って前者を選択しています。

タイダウンで縮めるのが足りないと、積み込めずにやり直しになる。
せかせか縮めて乗せてる間に、大きいトランポの人達は着替えて積み込みも
終わってる状態。ちょっと余計な時間がかかるかなぁ。

③パワーがない。
普通の街中を走ってコースに行く分には何も問題ないです。
高速道路を80キロで走るのも問題ないです。
ただ、長距離移動がちょっとしんどい。
自分の軽バンはターボとかついてないから尚更ですね。



まぁ、結果としてはちゃんと乗せて目的地に運ぶことができます。
必要な工具類も整理しておけばきれいに収納できます。
左側には寝ようと思えば寝れるスペースもw


以下、軽バントランポ積み込み時の工夫。


フロント縮めてまっすぐ入れればこんな感じになりますが、



安全対策としてリヤフェンダー下にベルトを通して、
万が一バイクが車内でバックしてもリヤガラスを破ったりしないようにしています。


たぶんこの積み込み方でもっとも重要なポイント。
いかにバイクを前にずらして積み込むか。

自分の場合は運転席側、助手席側共に、
車の持ち手とバイクのハンドルをベルトでつないで
出来るだけ前方へ引っ張っています。

そうする事で車のシートがタイヤストッパー代わりになって
車内横転を防ぐことができます。


タオルで巻いているのはタイダウンベルトの金具の部分。
こうしないと、サスペンションに傷がついてしまう。



フロントタイヤがハンドブレーキぎりぎりまで前方に出た。
肘掛みたいになりますが、軽バンなのでそこは我慢。


最後に、サスを縮めるタイダウンベルトは高くても良いものを買いましょう。
2本1000円程度のものはすぐに壊れますよ。

あと、もう一度だけ書かせてください。
ハイエースとかレジアスエースとか日産キャラバンとか買える余裕のある人は
是非そっちを買ってください !!

2014/01/18 250EXC2ストロークモデル購入しました。積み込み状況はこちら

以上、参考にならないトランポのススメでした。
PR


Advertise

ツーリング 地図 GPS キャンプ XR230 [PR]
忍者ブログ

Twitter
Facebook
サイト内検索

Copyright © SundayTouring.com : 2007-2012 All rights reserved.