忍者ブログ
SundayTouring.com



≪≪  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  ≫≫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • のんびりツー
丹原林道
福島の三春滝桜ツーリング以来、ハヤブサ@Sさんと房総ツーリングへ。
房総横断道路の途中から丹原林道へ進んでいく。
指先が凍るんじゃないかと思うくらいに激寒です。

看板
狩猟注意ですか・・・

山口線
普段だと丹原林道から音信山林道へ進むのですが、今回は山口林道へ。

山口林道
いたって普通の舗装林道でした。

西沢林道
山口林道の途中には幾つかダート林道も分岐していました。
機会があったら走ってみるとしよう。

高滝ダム
高滝ダム周辺をのんびり走る。

マラソン大会
交通整理などが多いなと思ったら、高滝湖マラソン大会が行われていた。
参加人数も多いようで、大きな大会なのでしょうか?

トンネル
適当にぶらぶら走っていると、素掘り風のトンネルへ。
隧道内部は不思議感覚空間。

月崎駅
トンネルを抜けた付近に、小湊鉄道、月崎駅がありました。

月崎駅
月崎駅ノート
小湊鉄道


大福山
休憩ポイント、大福山へ。

大福山

以下抜粋(誤字?、変換出来ずはゴメンナサイ)
顕彰碑
日高誠實顕彰碑
 
養老渓谷の奥深く紅葉の名所として知られる秘境に梅ヶ瀬渓谷がある
この地は往年、日高誠實先生が官職を辞した後、文雅の道を楽しみつつ新居を構え、
産業を興し、子弟の教育に後半生を捧げ尽した地である。
先生は天保七年、宮崎県美々津に日高謙三蔦子の長男として生まれ
長じて高鍋藩明倫堂の教授となる。
その間江戸に留学して研鑽をつみ、明治五年三月、陸軍省勤務を命ぜられ
陸軍大尉となるも、明治十七年願により陸軍省出仕を辞するや、
翌十八年千葉県より官有地一八八町四反を無料で借り受け
この地を梅ヶ瀬と名付けて理想郷をつくることを夢見て移住する。
山林に梅、果樹、花木、杉などを植林し、養魚場をつくり産業を興す。
また書塾梅ヶ瀬書堂を開き、寄宿舎には一時は八十名にも及ぶ子弟を収容し
市原、君津、夷隅、長生、山武郡下の青少年の育成に努め、産業の開発と文化の向上に尽くされた。
先生はまた、詩文、和歌、俳句、書画などにも通じ、多趣味で悠々自適な生活を送られた。
大正四年八月廿四日、八十才の長寿を保ち、山紫水明の地、鷹取山山頂に眠る。
没後八十有余年の歳月が流れ、その屋敷跡には小さな石碑を残すのみで
当時をしのぶよすがはない
茲に有志相計り、顕彰碑を建立し、先生の遺徳を顕彰すべくその実現をみた次第である。
平成十一年十一月吉日
象閣
中村哲二 撰文竝書

三石山観音
亀山湖にほど近い、三石山観音へ立ち寄ってみる。

三石山にて
三石山にて
歴史のありそうな場所でした。眺めは良好。

三石山にて
岩の間を抜けないと景色は望めない。ちょっとしたアトラクションみたいだ。

房総スカイライン
房総スカイラインを抜け、帰路につく。
のんびりツーリングも楽しいです。Sさんまた行きましょう。

そば
お昼は天ぷらそばでした。

千葉の恋人
市原サービスエリア上り線で発見した、千葉の恋人。
どこかで見たような気もしないでもないですが、きっと気のせいでしょう(笑)
長いこと千葉県に住んでますが、初めて見ました。
PR


Advertise

ツーリング 地図 GPS キャンプ XR230 [PR]
忍者ブログ

Twitter
Facebook
サイト内検索

Copyright © SundayTouring.com : 2007-2012 All rights reserved.